Handy-Cut Poly Pack ハンディカット-ポリ袋
製品のご案内

刃物を使わず、手で簡単に開封カットができる 画期的な袋です。

Concept [設計のコンセプト]
“開封を簡単にしました‼”

内容物の包装(袋詰め)するだけではなく、お客様ご使用時の 「安心」と「安全」、「作業性」など、使い勝手を追求したものづくりを 考えました。


● 袋開封時の安全性が向上します。
     ・手で容易にカットできます。(タテ、ヨコの直線カットが可能です)
     ・開封用の刃物(カッターなど)を場内に持ち込む必要がありません。
     ・刃物を使わないので、作業者自身や他者への怪我を防ぎます。

● 顧客での異物混入のリスクを削減します。
     ・内容物への刃物(カッター刃など)の混入要因がなくなります。
     ・刃物で二度切りした時に、フィルムの切り屑などの混入要因がなくなります。
     ・カットしたフィルム片は、テープ状になるので、残分の締めヒモとして使えるため、
         ゴミ発生による異物リスクを大きく削減をします。

● 袋の簡単開封による作業性(生産性UP)になります。
     ・簡単開封の作業は、生産性UP=コストダウンにつながります。
     ・カット面が直線になるため、内容物のご使用残分の保管が容易です。
     ・開封箇所は、ご指定が自由です。内容物を必要なだけ、ご使用することが
         容易になりました。

● 顧客商品の付加価値UPへ‼
     ・上述メリットと機能や品質は、商品価値向上になります。

 

Function [機能]
“切れるだけではなく、丈夫でニーズに合致‼ ”


● ノッチカットを引き裂いて開封します。
     ・袋にノッチカット(切り込み)を付加し、それをDシールでガード。



● 従来の機能はそのまま‼
     ・袋サイズ、袋色調、グラビア印刷、ピンホール、マイクロピンホールなど、
        従来通りに設計できます

● 切れるだけではなく、多様性にマッチする包装を実現します。
     ・この袋の潜在的性能に「高剛性」があるため、充填適正や衝撃性(ハンドリング耐久)に
        優れています。
               →従来品より、フィルム薄膜化(合理化)も可能です。
     ・優れた「水蒸気バリヤー性」を活かし、内容物をしっかりガードします。
     ・「ノンスリップ(滑り難い)」タイプもあり、安全な積付けと保管の向上を実現させます。
     ・その他、多層フィルムの利点を活かし、お客様に最適な袋を提供します。

 

Quality [品質]
“切れるだけではなく、品質も安心・安定です‼”

● 当社長年のポリエチレン袋・品質管理、及び技術の信頼性と、ISO 9001 による品質保証
 システムで「安心・安全」をお届けします。


●従来のポリエチレン袋規格を継承し、更に追加特性などを強化。
  ・各品質特性は最低規格値を設定し、流通テストやハンドリング落袋のテスト実績から、
   これ以上の物性があれば、使用上何ら問題がないことを検証しました。
    従って、厚さやベースレジンの選択でも、相関・回帰DATAで製品毎の規格値設定が
    可能となり、顧客の要求する確実な品質保証を行います。
    その測定代表値及び規格値は、別紙「ハンディカットポリ袋・物性表」をご参照下さい。


● ハンディカットポリ袋の特記すべき品質特性について、
  ・特に弱点となり得る「Dシール・強さ」を通常のラインシール(ボトムシール)に、
   近似させることができたため、次の共通シール強さ規格値設定をしました。
   (シール規格値:ラインシール強さ=Dシール強さ=27N/15mm以上,伸び=250%以上)
  ・フィルムの切れ抵抗を示す「引裂力」をトラウザー法で測定することにより、
   フィルムの切れ度(容易さ)を数値で表し、袋耐久力とのバランスを管理します。
    (引裂力・規格値:15N 以下)・・・開封作業性の分岐点(これ以上は切れ難くなる)


Work-style [作業性]
“あらゆるシーンで、楽々開封が活躍!!”
ハンディカットポリ袋の開封状況をご紹介します。

1。女性でも楽々開封の例

2。残分保管状態の例
            . 開封した切れ端がテープ状になる(直線状に切れる)ためその部分を
              締めヒモとして利用して、残分を本関する例。

     

包むという行為を通じて、私たちは文化を語りたい

先人から受け継ぎ、時を経ても変わることなく繰り返される行為のひとつに、「包む」ということがあります。人々の暮らしに根付いたこの知恵はシンプルななかにも優れた合理性を備え、その応用はあらゆる分野で効果的に生かされています。コンテナバックを抜群の強度と耐久性でさまざまな用途に使用されているクロス袋もそのひとつ。産業用袋としての重要な役割を担っています。従来の「包む」という概念を超え、包袋のあたらしいジャンルを確立する平川産業株式会社の確かな歩みにご注目ください。